■ 【情報提供】過剰木材在庫利用緊急対策事業の実施について

全国木材組合連合会において、
過剰木材在庫利用緊急対策事業が実施されます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた輸出の停滞等により
丸太・木材製品の在庫量増加等の影響の生じていることを受け、
公共施設(構造材・内装材)や公共の場に設置される外交部等における
木材の活用を支援します。

▽対象となる施設
・公共建築物等木材利用促進法に基づく公共施設(学校、保育園、病院、老人ホーム、駅、庁舎等)
・災害対策基本方に基づく指定公共機関の施設
・公共の用に供する場に設置される外構(公園等の堀や柵、デッキ、遊具等)

▽支援水準
・工務店等の施工者が木材を活用する際の経費について支援

公募要領等、詳しくは下記をご覧ください

関連リンク:過剰木材利用緊急対策事業ホームページ

2020年6月の他の記事
【情報提供】輸出原木保管等緊急支援事業の実施について20.06.08

前のページに戻る